【新型コロナウイルス対策】アフターコロナでの飲食店の対応は?

5/14現在、緊急事態宣言が39県で解除されることが決定されました。一方、北海道、東京、埼玉、千葉、神奈川、それに大阪、京都、兵庫の8都道府県は、新規感染者が依然として一定数確認されていることや、大都市部に隣接しているという要因を踏まえて、1日をめどに改めて判断することにしています。

ただ残念なことに、解除された後でも元の生活が戻るということではなく、引き続き対策が必要となります。そこでバー、カフェやレストランなど飲食店でできる対応策をまとめてみることにしました。

対策1 3つの条件が重なった場所を作らない

換気の悪い「密」閉空間、多くの人が「密」集する場所、近距離での「密」接した会話や発声といった3密の環境を作らないことです。人の密度を下げるため、客席と客席の間隔をできる限り離しましょう。飛沫感染を防ぐためには、ソーシャルディスタンスが必要です。室内が狭ければ、オープンカフェのような屋外のテラス席を設ければ、3密を防ぐことができるでしょう。

ただ屋内で使っている家具はそのまま屋外では使えません。紫外線によって、日焼けして表面が傷んでしまいます。屋外でも使える家具を使用しましょう。

重量も大切です。屋内から屋外への出し入れや戻しは負担となります。なるべく軽量の椅子・テーブルがお勧めです。スタッキングタイプなら、まとめて運べますから便利です。

スタッキング バースツール Standard #2886 座面高さ66cm Mサイズ
スタッキング スツール アンティーク bolton 座面高さ48cm Sサイズ

対策2 清掃・消毒の実施

お客様が触れるテーブルや椅子、ドアノブなどは次亜塩素酸ナトリウムやアルコールなどで消毒しましょう。

ここでも注意が必要です。消毒・除菌剤は塗装剥がれの原因にもなります。硬質ウレタン塗装でしたら問題ありませんが、表面が木製やレザーの場合は、大抵は色が剥がれます。表面がプラスチックやアイアン製の椅子なら、問題ないでしょう。プラスチックやアイアンだと座り心地が硬いという方には取り外し可能なクッション付きを選びましょう。

スタッキング バースツール Standard #2876+A 座面高さ68cm Mサイズ マットブラック色 レザークッション付き

対策3 一般的な衛生管理の徹底

体調管理・手洗い、アルコールによる手指の消毒、フェイスガードやマスク着用、器具や食器などの洗浄・消毒が挙げられます。ビッフェ形式(バイキング)は避け、小さいお皿で個別に提供することが大切です。デリバリーやテイクアウトも引き続き、継続しましょう。

アックスデザインでは屋外用に対応した家具を取り寄せております。アフターコロナ時代の店づくりをお客様と一緒に作り上げていきたいと考えております。

オシャレなヨーロッパ仕様の業務用椅子・カウンターチェア・スツール

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です