飲食店(カフェ、レストラン、バー)の椅子を選ぼう!店舗開店のTIPS

カフェやレストラン、バーなどの飲食店の内装を決めていくのに、大事な要素の一つとして、椅子が挙げられます。お客様に直接触れる時間が長い椅子、慎重に決める必要がありますよね?
ax designではカフェやレストラン、バーの開店時に設置する椅子についてのTIPSをまとめてみました。

飲食店の椅子で気を付けたい点

椅子といっても、いろいろな形状があり、その形状によっては目的も変わります。

例えば、座面の固い椅子、背もたれがない椅子、背が高い椅子はお客様が座り疲れしまいます。お店の回転率を優先すれば、ベストな選択なのですが、お客様目線ではいかがでしょうか?

また椅子のデザインによっては、お店の雰囲気も変わります。素材や色などをテーブルや床、壁に合わせるか、敢えて雰囲気の違う椅子を置いて、おしゃれなお店を演出する場合もあります。

またコストも気を付けたいポイントです。初期投資を抑えて、家庭用の安価な椅子を購入すると、すぐ壊れて、また購入する必要があります。飲食店は家庭とは違い、使用時間が長いです。多少高くても、業務用の椅子を選択するべきでしょう。

椅子のタイプを考慮してみましょう

お客様に対して、どんな店舗づくりを考えていますか?ゆったりと長時間座っていただくには、クッション性のある低い椅子を配置するのが良いでしょう。逆に回転率を優先するなら、背もたれなしやアイアン・木製の座面を選択するべきです。

椅子選びのコツ

椅子とテーブルの高さを考慮する

椅子とテーブルの高さを合わせるのはとても重要です。せっかく美味しい料理やコーヒーがあっても、椅子とテーブルの高さが合っていないと、台無しです。

一般的にテーブルと椅子の高さの差は25cm~30cmが理想的です。例えば、高さ100cmのカウンターテーブルの場合は、70cm~75cmの高さの椅子(カウンターチェア)が丁度良いです。

座面の素材にこだわろう

座面の素材はいろいろとありますが、どれも一長一短です。

スチール製の座面はまず耐久性が抜群です。当たり前ですが、布や革・レザーと違い、へたりや張り替え等の心配はありません。 座り心地から言うと、ファブリックやレザーと比べ、硬いです。長時間座るのはきついと思いますが、回転数を高めるレストランやカフェなどでは重要な要素です。

木製の座面は スチール製ほどではありませんが、耐久性は優位に立ちます。汚れに対しても、スチール製と同様です。 座り心地も硬く冷たいイメージがありますが、部屋の温度にも左右されますので、そこまで気にする必要はないかと思います。

革・レザー座面はスチールや木に比べると、耐久性は劣ります。汚れた場合は、すぐふき取らないとシミの原因にもなります。 座り心地は抜群です。ウレタンフォームが入っていますので、長時間座ってもお尻が痛くなりません。

いかがでしょうか?ax designでは様々なタイプの椅子を取り寄せております。是非当店のホームページでスタイリッシュな椅子をご覧になってみてください。

ax designのカウンターチェア・バーチェア一覧はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です